会社情報

会社概要、コアコンピタンス、経営理念、企業沿革

会社概要

Success Prime Corporation旧社名:Prime Optical Fiber Corporationは、19916月に台湾新竹科学工業園区に、米国AT&Tベル研究所のMCVDによる光ファイバ製造技術を用い、当時日本を除くアジアで最初の光ファイバ製造メーカーとして設立いたしました。10年後の2000年頃にはヨーロッパ、アメリカなどインターネットの普及が進み、20023月には台湾株式市場に最初の光通信産業会社として上場。 私たちは、光ファイバプリフォーム製造だけではなく、光ファイバのドローイングを独自に開発し、曲げに強く低損失の光ファイバを量産する技術を持っております。現在は、市場の変化に伴い、特に特殊ファイバ製品の研究開発に力を入れております。光ファイバは、さまざまな分野、アプリケーションで使用されるようになり、お客様のニーズに合わせてカスタマイズをした特殊ファイバの製造が必要となっております。主な用途は、航空、エアロスペースのナビゲーション用、光増幅器、ファイバレーザー、ゲルマニウム光子電導、光ファイバセンシング、ファクトリーオートメーション、光学医療機器、オーディオ、ビデオストリーミング等幅広く弊社の光ファイバが使用されております。

コアコンピタンス

「イノベーション」と「差別化」が私たちのコアコンピンタンスです。製品開発からフィールドサービスまで、技術革新でPOFCはリーダーとなり、差別化でPOFCはユニークなリーダーになります。

経営理念

会社のビジョン:光通信と特殊光ファイバ伝送媒体の主要ブランドになる。 

会社のポジショニング:光ファイバ技術の為のさまざまなソリューションを提供します。 

品質方針:品質第一、継続的改善。 

環境方針:規制遵守、汚染防止、継続的改善、グリーン製品。 

企業文化:「価値創造」「顧客サポート」「ウィンウィンの関係を築く」を実践する。

企業沿革

1991  卓越光纖股份有限公司 (英文名:Prime Optical Fiber Corporation)成立

1996  ISO-9002認定取得

1999  米国3M GGPファイバのOEM工場となる

2002  台湾証券市場上場

2004  新竹科学工業園区フェーズ4竹南に移転

2004  高温MCVDエルビウムドープファイバプリフォームとファイバ製造プロセス技術でTOCIA優秀技術賞を受賞

2005  米国3M GGPファイバの認定工場の資格を取得

2006  自社ブランドBendSafe® シリーズを正式にリリース

2008  BendSafe® を使用した光ケーブルが中華電信の認定製品となる

2009  ISO-9001認定取得

2010  BendSafe® リールレス ボックス型梱包光ケーブルシリーズリリース

2011  ISO-14000(2004)認定取得

2012  社名変更「卓越成功股份有限公司」(英文名:Success Prime Corporation

2014  中華電信ODN光ケーブル製品の認定を取得

2015  SCPファイバが各方面で正式に採用される。例:航空宇宙用ナビゲーション、室内用透明ケーブル等

2016 減資しプライベート エクイティ キャッシュの増加が株主総会で承認される

2017 陳立教育事業股份有限公司の株式を100%取得